トップへ戻る

ゼクシィで結婚式場を探す

ハナユメ アドバイザー
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ゼクシィは結婚式場選びは情報量ナンバーワン!

ゼクシィはリクルートが発行している雑誌、
および結婚情報サイトの名称で
ブライダル業界では最も知られていると思います。

 

この記事では情報サイトのほうである
ゼクシィnetのことを紹介していきます。

 

業界最大手とあって情報量は一番多く、
特に結婚式場は群を抜いて多い特徴があります。

 

もちろん結婚に関する情報は雑誌よりも多く
全国規模で役に立つサービスを展開しており
不動の地位を築いています。

 

結婚に関してわからないことがあったら
まずはゼクシィを見るのが基本かなと思います。

 

 

 

・ゼクシィは間違いないサイト

 

 

 

結婚が決まったら基本的には
婚姻届を役所に提出して終わりですが
結婚式を開くとなると準備とお金が
ものすごくかかってきます。

 

お金がかかることは誰でもわかることだと思いますが
どのように準備をすればいいかわからないことが
多すぎて困りますよね・・・

 

そんなときはゼクシィnetがすごく頼りになります。

 

雑誌でもいろいろ学べますが
ネットだと誰でも無料で見られる上に
情報量が業界NO1ですので基本的なことは
すべて知ることができます。

 

特徴はなんといっても情報量です。

 

結婚式場だけで2500件以上紹介しており、
種類もゲストハウス、ホテル、レストランなど多彩。

 

他にも結婚情報サイトはいろいろありますが
その水準に近いところはありません。

 

結婚式の雰囲気を知るために役立つ
ブライダルフェアも数多く開催していて、
式場と同じく全国展開しています。

 

他にも海外で結婚するための必要なこと、
指輪やドレス、引き出物など
結婚の準備に関するノウハウも満載で
他は見る必要がないといえるくらいのサイトです。

 

他にも結婚式場選びで迷った人のために
相談カウンターもあるので利便性は日々向上しています。

 

 

 

・ゼクシィの基本的な利用法

 

 

 

結婚に関して何もかもわからないときは
まずはサイトや雑誌を見て基礎知識を学び、
見学したい結婚式場や参加したいブライダルフェアを
PCかスマホで予約してみるという流れになります。

 

選び方で悩んだらゼクシィ相談カウンターまで
足を運んでみましょう。

 

全国に65箇所もあるのは最大手ならではの強みですね。

 

ゼクシィの欠点は強いて言うなら
式場やフェアが多すぎて選びにくいことですが
それをカバーするように相談所があるんだと思います。

 

あとフェアのキャンペーン(特典)は他のサイトより
充実していないというところも気になりますが
そのぶん利用エリアが限らてくるので
必ずしも損なわけではありません。

 

フェアを見てみるとわかりますが
特典が全くないわけでもないので
あまり損はしないかと思います。

 

先着順などはあるのでちゃんと確認しましょう。