ハナユメはインターネットか
相談カウンターを利用する形だから
雑誌とかはないですね。

あったらあったで面白いかもだけど
たぶん出さないっぽいよね。

出したとしても例外的なもので
毎月出すなんてことは
ちょっと考えにくいと思う。

・ウエディング雑誌はめっちゃあった

ウエディング系の情報誌っていったら
ほとんどの人がゼクシィを
思い浮かべると思います。

でもわりと最近知ったんだけど
結婚情報誌ってけっこう
たくさん種類があるんですよね。

ゼクシィは月刊以外にも
ゼクシィプレミアっていう
季刊誌も出してます。

他には25ansウエディングや
クラッシィウエディング、
ヴォーグウエディング、
エル・マリアージュ、
ミスウエディング、
マーサスチュワートウエディング、
ウエディングブック、
ホテルウエディング、
ウエディングナビなどなど

地域ごとの専門雑誌とかもあって
数えきれないくらいあります。

雑誌のいいところは
いろいろ学べることや
最新情報を得るのに便利、
あとは本屋で気軽に
立ち読みできることもそうね(笑)

あんまり読みふけったことはないから
そんなに語れませんけど、
たぶんネットとは違った情報が
てんこ盛りだと思う。

だから結婚式を控えている人は
けっこう買ってるんじゃないかな?

地味に高いからそんなに
買えないかもだけど。

・ハナユメの雑誌はなくてもいいと思う

肝心のハナユメの雑誌はないようですね。

でもなくてもいいかな~ってのが
正直なところ。

さっきいったように結婚情報誌なんて
腐るほどあるからもう十分だと思うし、
無駄なコストになってもアレだしね。

ハナユメは結婚式のコストを
抑えれることが魅力なことを
忘れちゃいけません。

私は雑誌業界に身をおいたことがないから
ほとんど何も知らないけど、
まあけっこうなお金が
動いてるでしょ?(笑)

ゼクシィとかまじですごそう。

結婚情報誌ってパッと見た感じ、
季刊誌が多いですけど、
ゼクシィは毎月でてますからね。

それは大企業だから
できることだと思います。

ハナユメは上場はしてたと思うけど
大企業とはいえないっぽいし、
やり方が違うんだと思う。

てことでハナユメの雑誌は
あったらあったで面白そうだけど
別になくてもいいかなってのが
私の個人的な感想かな。

無駄にコストをかけるよりも
利用者にちゃんと還元できるような
システムのほうがいいと思うし、
紙資源の節約にもなるしね。

節約と言えば商品券は
電子マネーになりましたよね。

そういう積み重ねが
サービス向上に繋がってるんだと
勝手に思ってますけど(笑)