フナツヤは料亭をリノベーションした
とても歴史を感じる結婚式場です。

雰囲気がもう明治時代そのままって感じで
他の式場では真似できない
風格というものがあります。

結婚式だけでなく
レストランとしても利用できるので
機会があれば行ってみたいと
思いますね。

・フナツヤのルーツ

正式にはザ フナツヤといいます。

東海道五十三次の42番目の
宿場である桑名宿。

その中に料亭の船津屋が
明治8年に建てられました。

桑名宿の中でも格式が高い
大塚本陣という場所に
建てられたそうで、

かつては川端康成や志賀直哉といった
文豪が滞在したこともあり、

大広間はそういった要人や
皇族しか使うのが
認められてなかったそうな。

そんな100年を有に超える
歴史がある建物を利用してること自体
とても贅沢な会場だと思います。

一部の柱や梁は当時のまま
残されているので
そういったところも見どころ。

食事や結婚式だけでなく
観光としてもいい場所だと思う^^

・明治時代の雰囲気のチャペル

歴史ある建物を使ってるだけに
会場の雰囲気はすごく独特。

チャペルのミュージックホールは
名前こそ現代チックですが
内装はすごい和風です!

でもちょっと洋風文化も感じる
まさに明治時代をそのまま
表現してるかのようです。

当時の柱や梁があるのは正にここで
お偉いさんしか入れなかった
大広間ってのがここです。

全体が茶色の落ち着いた空間で
木の温もりがすごく感じます。

椅子はもちろん柱や天井、
ヴァージョンロードまで
木製となっています。

ヴァージョンロードは
階段状にも見えて
すごく個性的な造りです。

外の景色は揖斐川を望む
雄大な自然を堪能できます。

結婚式のスタイルは
通常のキリスト教式を始め、
洋装人前式、和装人前式、
神前式と多種多様です。

神前式は館内でもできるし、
提携神社である春日神社で
本格神前式を行うこともできます。

会場から歩いて3分のところに
あるのでこれ以上ない
ロケーションですね。

・バンケットについて

披露宴会場は3つあります。

ザ ガーデンルームといって
プライベートガーデンに併設した
洋風色が強い会場です。

よく見ると和風な感じもしますが
バンケットの場合は
洋風よりって感じ。

ザ リバールームは2階の会場で
その名の通りリバービューが
堪能できちゃいます!

収容人数は90名と
なかなか広いのもいいですね。

雰囲気ガーデンルームと
似てますがリバールームのほうが
アットホームな感じがします。

本館は料亭そのまんまな会場で
30名までの少人数向け。

雰囲気はもちろん和風。

会場全体が風情があり
懐かしさも感じる
素晴らしいところだと思います^^