結婚式のしきたりのひとつに
ご祝儀があります。

相場は新郎新婦との関係性や
立場によって変わってくるので
一概には言えないですけど
一般的には3万円が多いですね。

1万円じゃ少ないし、
2万円とかだと偶数だからよくない?
みたいな理由だったと思います。

今日はご祝儀について
ちょっと突っ込んでみようと思う。

・ご祝儀の妥当な相場って?

ご祝儀は結婚式に呼ばれた人が
結婚する主役に対して送るものです。

てことでご祝儀は必ずしも
お金である必要はないのですが、
習慣的にほとんどお金になってます。

持ち運びが便利なのと、
使い勝手も自由とか
そういう理由がありそう。

結婚式は何かとお金の話が
登場するのはちょっとアレだなぁと
思うこともあるんですけど、
まあこんな世の中だから
仕方ないよねって思うしかない(笑)

ちょっといいなと思うのは、
ご祝儀はただ送るとか
振り込むとかではなく、
包むって言い方をするところ。

ご祝儀袋もちょっと特別感があるし
粋なところも残ってるのがいいね^^

で、肝心なのはここから。

ご祝儀はいくら包むのが妥当なのか?
ってこと。

たぶんこれも結婚式という
習慣がなくならない限り
永遠に議論が尽きないかなと思います。

もらう方は喜ぶだけでいいですが、(笑)
送る方は少々悩ましい問題ですよね。

ごく一般的な金額としては
圧倒的に多いのが3万円。

芸能人とかお金をたっぷり
持ってる人だったらご祝儀に
札束を包んだなんて話を
たま~に聞きますが、

一般人にそれは無理なので
そのくらいが妥当と言えそうですね。

・ご祝儀の相場は立場によって変わるよ

もう少し詳しく見ていくと、
どうやら新郎新婦との間柄によって
ちょこちょこ変わるらしいです。

たとえば新郎新婦との関係が
お友達だった場合は、
圧倒的に3万円が多いですが、

上司とか恩師など
目上の人に対しては
5万円以上もけっこう多くなるとか。

割合にすると3割。

それでも3万円台が
半数以上ですけどね。

かなり違うのは親族の場合。

やっぱり気持ちがこもるのか
5万円~10万円が6割ほどで、
次に10万円以上が2割、

3万円台が1割ちょっとと
友人とは全くの逆の傾向があるらしいです。

ちなみに恩師と上司は
ほとんど似たような感じですが、
若干恩師のほうが高い印象があります。

やっぱり関係性の濃さが違うのかなと。

他には送る側の年齢も関係します。

20代前半といった若い年代だと
お金もあんまり持っていないものだから
ほとんど3万円だと思います。

それでも親族には高い傾向があります。

それから年齢があがるにつれて
高くなる傾向があるようです。

ほとんど予想通りって感じです。