結婚式といったら
たくさんのゲストがきて盛り上がる
一大イベントってイメージがあるけど、

最近は少人数の結婚式を
挙げるカップルも増えてるそうです。

時代はそういう流れに
なってるってことでしょうね。

でも規模が小さいからといって
面白くないものでもないので
そこは誤解しないようにね!

・少人数の結婚式は人気急上昇中?

少人数の結婚式といっても
どのくらいの規模かは
決まってるわけじゃないけど、

たぶん親族だけって感じだから
30人未満くらいじゃないかな?

ゼクシィ調べによると、
2016年の統計では
全体の9.8%のカップルが
30人未満の結婚式だったそうです。

数でいうと6万弱になるとか。

いまでも100人以上が
一番多いらしいけど、
確実に伸びているから
今後どうなるか注目ですね。

たぶん今後も増えると思います。

その理由はなんといっても
お金と人間関係かと。

日本は変な不況が
ずっと続いてしまってるので、
結婚式はすごく贅沢になりました。

人間関係も昔と比べて
希薄になっているので
そんなに呼びたい人が
いないって人もいると思います。

そう思うのなら少人数結婚式は
すごくやりやすいですよね。

リーズナブルなのはもちろん
ゲストが少ない分、
一人一人にちゃんとおもてなしできるし、
準備がとても楽っていうおまけ付き。

ちょっと贅沢な親族パーティーという
アットホームな雰囲気ですよね。

でも欠点もあることを
覚えておいてくださいね。

一番問題となるのは
少人数に対応した結婚式場が
現状まだまだ少ないってこと。

そもそも結婚式場は
少人数を想定して作られてないと思うから
そりゃそうだよねって感じ。

でも需要が伸びてるのは事実だから
今後はそういう式場も
増えてくるとは思います。

人数が少ないと会場が小さく
盛り上がりに欠ける部分もあるけど
そこは工夫次第かと。

・少人数結婚式のスタイル

少人数結婚式といっても
いくつかのスタイルがあります。

親族だけ、親族+仲のいい友人、
挙式のみの結婚式などがあります。

親族だけだと10人~20人くらい。

雰囲気としては披露宴というより
食事会といった感じです。

20人くらい集まったら
演出を考えるカップルもいます。

友人も含めると30人前後になり、
親族だけよりかは披露宴っぽくなります。

このくらいの規模になると
演出を考えるカップルが多いとか。

挙式のみはそのまんまの意味。

ただ披露宴はないけど
近くのレストランとか料亭を
予約して食事会をする場合が
けっこうあるみたいね。