スマ婚とハナユメの違いについて
学習していこうと思います。

両者は結婚式の準備という点では
共通しているのですが、
その過程やシステムがだいぶ違います。

どちらもありなのですが
それぞれに良し悪しがあるので
よく考えてから決めましょう。

・スマ婚とハナユメの大きな違い

まずはそれぞれのウエディング会社の
概要を押さえておきましょう。

スマ婚はプロデュース会社のひとつで
スマートな結婚式という意味です。

結婚式の準備のやり方は
大きく分けてふたつあります。

自分たちでやるか
プロのまかせるかです。

スマ婚は後者のプロデュース型になります。

細かい部分までスマ婚が用意してくれるので
非常に楽なメリットがあります。

ハナユメはウエディングサイトの一種で
ネット上からブライダルフェアに申し込んで
式場見学をして決めていくスタイルなので
自分たちでやるタイプですね。

自由度が高いけど準備の過程は
プロデュース型よりもやることが多く
大変なデメリットがあります。

次に大きな違いは費用です。

スマ婚はいわゆる格安婚の部類に属します。

最近話題となっているリーズナブルな
結婚式のことですが、
すごい場合だと10万円以下で
式を挙げられることもあります。

結婚式の相場は数百万単位となるので
衝撃的な値段設定です。

ハナユメは業界内で唯一の
超お得なサービスである
ハナユメ割が有名になってますが、

格安婚ほど安くはならないので
その点においてはスマ婚の方が
すごいと言わざるを得ません。

ただ、安いものには理由があります。

プロデュース型は全部が
パッケージ化されてるような感じで
自由度が聞かない制限があります。

日にちが限定的だったり
持ち込みが認められていなかったり
アレンジがしにくいといった感じです。

挙式と料理はしっかりやるぶん、
他の部分は削るといったやり方なので
どうしても不満な部分が出てきます。

ちょっと嫌な言い方をすると
訳あり婚といったところです。

ハナユメは一般的なスタイルですが
その中では安いと評判になってます。

・その他の両者の違いについて

その他の違いとしては、
ハナユメの式場掲載数は600以上ですが
スマ婚は250ほどと少々少なめ。

対応エリアは関東、東海、関西、九州
そしてハワイとほぼ同じですが
だいぶ選択肢が狭まる感じです。

相談カウンターは
ハナユメが10店舗ちょっとで
スマ婚は35店舗ほどあります。

後者はスマ婚ショールームといいますが
そもそもサービス内容がぜんぜん違うので
相談所の数はそんなに問題じゃないです。

他にもキャンペーンの充実度や
割引などの違いもありますが
サービス形態が全然異なるので
単純比較はできません。

重要なのはその人のニーズに
合ってるかどうかです。

とにかく安さにこだわるのなら
スマ婚のほうがいいですし、
内容を充実させたいのなら
断然ハナユメって感じです。