すぐ婚naviとはハナユメの前の
ブランド名のことですね。

私はそのときのことは
注目してないから
細かいことはわからないけど、

すぐ婚naviの時代から
それなりに人気があったようね。

イメージを刷新して
よりよくなったと評判です。

てことですぐ婚naviのことも
ちょっと調べてみました。

・すぐ婚naviとハナユメの違い

今でこそハナユメで
浸透していますが、
以前はすぐ婚naviっていう名前でした。

オープンしたのは2008年10月だから
かなり前からですよね。

そのとき私は何をしてたんだろうと
思いにふけるくらい前(笑)

ちなみにハナユメになったのは
2016年11月だから
まだまだ歴史はすぐ婚naviのほうが
圧倒的に長いです。

(この文章は2018年9月に
書いたからこの時点で
まだ2年も経ってないことに)

そのときから半年以内の式場探しが
コンセプトで、もしできたら
お得に挙げれますよと
謳ってたようね。

今で言うハナユメ割だね。
そのときはすぐ婚特典って
いってたらしい。

今とぜんぜん違うのは見た目と
サイトに関するイメージかな。

すぐ婚ナビの頃は
ピンクと白を基調とした
いかにも結婚式準備のサイト
っていう感じ。

直接見たことはないけど
ハナユメを運営するエイチームの
ニュース記事とかに残ってるから
今でも外観は誰でも見れます。

ハナユメは白と淡い緑色になって
ガラッと変わった感じですが
他とは違う新鮮さが出てよかったと思う。

サイトの機能としては
そんなに変わってないようですが
結婚式場の数も増えて
検索機能とかもよくなったそうです。

・リニューアル後の最大の違い

リニューアルした最大のポイントは
やっぱりイメージかなって思う。

すぐ婚naviって聞くと、
早く結婚したい人だけが
対象のように聞こえません?

結婚式準備はまだまだ時間がかかると
思われてる節がありますから
ちょっとズレがあるネーミングに
聞こえちゃうこともあったと思う。

あとプロデュース系のサイトと
間違われることも
問題視されてたっぽい。

プロデュース系は
ほぼプランをおまかせできて
費用が安くなるタイプのところで、

なんとか婚ってつくところが多いよね。

あと個人的に思うところは、
ピンク基調はかわいくはありますけど
ありきたりでもありますよね。

今でもそういう感じのところは
けっこうあると思う。

で、名前自体も失礼ながら
ちょっとダサいかなと(笑)

なんか安っぽく感じる部分もあるし、
どこかのブロガーがつけそうな
ネーミングにも見えるしね。

ハナユメだったらシンプルですし、
個性的だからあまり思いつかないような
感じだからそういう意味でも
リニューアルは成功したと思います。