結婚式のスピーチは会社の上司とかに
頼むのが一般的かなと思いますが、
今回はそのことについて
触れていきたいと思います。

スピーチする人によって
少しだけ言うことが違うかもですが
基本的な構成とか注意点は
共通していると思います。

・結婚式のスピーチの基本

結婚式のスピーチは定番っていうか
必ず誰かがしないといけないもの、
だと思う(笑)

明確な決まりはなさそうだけど
たぶんするのが当たり前ですよね。

そもそもスピーチって
どういう意味かというと、
会合とかパーティなど
大勢の人の前で話すことをいいます。

そのまんま過ぎる意味です(笑)

でもスピーチって言い方は
ほとんど結婚式で使われるものだから
ほぼ結婚用語になってるっぽい。

で、スピーチをする人も大体決まってて、
多くの場合は上司や恩師、
その他お世話になった人、そして両親です。

スピーチするタイミングは
一般的に乾杯の前と披露宴の後半、
もしくは前半あたり。

乾杯前のスピーチは主賓祝辞ともいい、
新郎の主賓にあたる人に
お願いすることになってます。

それが上司や恩師などですね。

披露宴の前後は友人代表など
何名か出るっていうのが一般的です。

スピーチは人前で話すって意味ですが
ただ話せばいいわけじゃなくて
一応構成があるんですよね。

まずは祝福の言葉から始め、
次に自己紹介、エピソード、
新郎新婦へのメッセージって感じ。

これは誰であろうと同じですね。

自己紹介は新郎新婦との関係や名前、
現在の自分の立場などを簡潔に述べて、

エピソードは褒めるのを念頭において
思い出話とからめる感じでしょうか。

最後のメッセージはお幸せにとか
おめでとうとか元気よく言って
拍手を促すって感じです。

・上司の結婚式スピーチの簡単な例

じゃあ上司の人のスピーチの例を
簡単に紹介しておきますね!

(新郎の名前)さん、(新婦の名前)さん、
本日は誠におめでとうございます!

ご両家の皆様にも
心よりお慶び申しあげます。

などの祝福の言葉で始めます。

本日はこのような盛大なお席に
お呼びいただきまして
ありがとうございます。

僭越でございますが
ご挨拶させていただきたいと思います。

このあたりでご着席ください、
おかけくださいなどと声をかけます。

そしてエピソードですね。

彼との出会いはうちの会社に
新入社員として入社してきたことです。

彼は仕事の覚えが早くとか
まじめで自分も見習うことがあります、
などと褒めるのを忘れずに
なるべくコンパクトにまとめます。

最後にお二人が末永く
幸せになることを願い、
お祝いの言葉とさせていただきます、

などと締めます。

長くなりすぎないのが
一番のポイントかもしれないですね^^

主役は新郎新婦ですので。