ハナユメにはないんだけど
ウエディングサイトってたいてい
資料請求もできるんですよね。

今回はそのことについて
補足的な知識を得る目的で
ちょっと勉強してみました。

まだ結婚式を検討中の段階の人は
いろいろ資料請求もしてるかも
しれないけど注意点もあるから
参考にしてほしいです。

・ウエディングサイトと資料請求

現在はインターネット全盛時代だから
ペーパーレス化が進んできましたが
紙媒体が廃れたとはいえません。

その証拠のひとつに
ブライダルサイトや結婚式場も
資料請求できるところが多いです。

たとえば大手のゼクシィなんかは
地域ごとにまとめて請求できたりします。

資料の内容はそのサイトの情報だったり、
各式場のパンフレットだったり
ブライダルフェアの案内とかですが
主なものは式場の概要です。

会場によって来場特典が
ついてくるものもあって、
その多くは期限付きとしっかりしてます。

資料請求の方法はネットが主流ですが
雑誌のはがきや電話でもできるので
いつもは気づいてないだけで
けっこう案内(宣伝)は存在してます。

ハナユメはなぜかそういうのはないんだけど
たぶん経費削減でしてないんだと思う。

無駄にお金を使うとサービスとかに
反映されちゃうものなので
なくてもいいとは思います。

これも想像だけど、
こういう小さなことの積み重ねが
ハナユメ割とかに活かされてるんだと思う。

・資料請求の注意点

ネットでいろいろ検索できる時代なので
紙媒体は必要なのかって
思う人も多いかもしれませんけど、
やっぱ紙媒体は紙媒体の良さがあります。

本とかと同じ理屈ですが
基本的にネットの情報よりも
紙の情報のほうが内容が濃いし、

そっちでしか載ってない情報とか
けっこうあると思います。

特典だって資料請求限定とかにすると
そっちのほうが価値がでますよね。

なので検討中だったら
いろんな結婚式場の資料請求をしても
いいんじゃないかと思います。

ウエディングサイトは
あくまで仲介役なので、
会場とは役目が違います。

ほら、ハナユメに限らずですが
ウエディングサイトって
自社で結婚式場を運営してなくて、

あくまで提携関係っていうの?

そんな感じじゃないですか~。

で、ちょっとした注意点。

結婚式場ごとに
運営方針が違ってますから
中には営業電話を
かけてくる式場もあるそうなのね。

そういうのが嫌なら
資料請求しないほうがいいんだけど、
実際してみないとどういう対応を
してくるかわかんないんです。

てことでハナユメの相談デスクで
コンシェルジュさんに
いろいろ聞いたほうがいいです。

ブライダル業界の裏側まで知ってますから
下手な資料請求よりも
ずっと参考になると思う。

私も準備中はいろんな話を聞けたし(笑)