ハナユメで式場が決まり、実際に結婚式が終わったら
お祝い返しなどが待っています。

ここではお祝い返しのマナーについて
定義していきたいと思います。

結婚内祝いのアイテムだけでなく、
様々なお祝い返しの場面にぴったりな

ギフトを専門会社が多数用意していますので
何を返せばいいのか?と悩む事はありません。

感謝や喜びの気持ちが相手の心に響くように、
お祝い返しの正しい知識を備えておきましょう。

ポイント1

お祝いをいただいていない人へ
贈ることもある「内祝い」

そもそも内祝いは本来、お祝いごとがあった家が
その喜びを分かち合うために、近隣の方々や

親戚などに用意するものであり、
お祝いをしていただいた、いただかないに関わらず
贈るので「お返し」とは異なります。

ですが、近年は「お返し」の意味が強まり、
いただいたお祝いにふさわしい金額の品を

内祝いとしてお返しするのが
一般的になっている傾向です。

ポイント2

結婚・出産の他にもありますよ~
快気祝いや引っ越し祝いのお礼など

出産祝いや引っ越し祝い、
快気祝いなどをいただいた際に贈ります。

そんな中で結婚内祝いとは?
どういうものか何となくでもご存知ですか?

簡単に分かりやすく言うと、結婚式に招かなかった方や、
結婚式の列席者から予想以上に高額な
ご祝儀をいただいた場合に贈るものです。

例えば、入学・卒業祝いをいただいた場合のお返しは、
お子様からのお礼状や挨拶のみで済ませる場合も
結構多いみたいなのですが、

これも地域によって習慣が異なることがある為
ご家族に伺うと良いかなと思います。

ポイント3

これが重要でして、お祝い返しって
基本は1ヶ月以内に贈るのが礼儀です。

礼儀に基づいたお祝い返しを行う為には
遅くなると「あまり喜んでいないのかな?」
「届いたのかな?」と・・・

相手に余計な心配をかけてしまいますので
お返しはなるべく早くするのが良いでしょう。

結婚や出産など忙しい時期には、
予め送る品の候補をあげておくと
スムーズに出来ます。

お礼状やメッセージカードを添えると
感謝の気持ちが更に相手に伝わります。

ポイント4

相手の好みや家族構成を考えること

お祝い返しの基本は、食品や消耗品などの
「消えもの」と呼ばれるものはダメです。

これはなぜでしょうか?それはですね
「喜びが消えてなくなる」ことから、

結婚内祝いには縁起が悪いと考える人も
日本人の中には多いのが現状です。

なので心配であるならば、ウェディング専門の
ギフトカタログなどを選ぶのも1つの手段ですね。

モノをたくさん持っているご年配の方などには、
ちょっと贅沢な体験型ギフトというものも人気です。

ポイント5

いただいた贈り物の半返しが
基本と知ること

お返しは基本的にいただいた物の半額程度の
贈り物を選ぶようにしましょう。

ただし、入学・卒業祝い、新築祝いなどでは、
お返しを不要とする親族もいます。

その場合は、品物でのお返しをやめるか、
少し控えめの金額で相手にあった贈り物を
こちら側で選ぶなどでもよいでしょう。

状況に合わせて、ご家族と
良く相談して決めていきましょうね!

結婚お祝い返しのスケジュール

結婚式前だけでなく、結婚式後も
なにかと忙しいものです。

まずは内祝いの手配を
早目にすすめていきましょう。

専門会社にはオリジナルセレクトカタログをはじめ、
結婚内祝いにおすすめの商品をセレクトします。

感謝の気持ちが伝わるギフトを
お二人で考えて選びましょう。

その1
まずはリストを作成する

お祝いをいただいた際には
感謝の気持ちをお伝えし、

お返しにモレがないように
品物の内容や金額、住所を
エクセルなどでリスト化しましょう。

その2
結婚式内祝いの品を選ぶ

その1でお伝えしたリストを基に
内祝いの品を候補を考え、

金額と相手のに合わせて
品を決定していきます。

またさきほどもお伝えしましたが、
結婚内祝いはご祝儀の半返しが
基本と言われています。

もちろん、地域によって差はありますが、
連名でいただいた場合は、

一人あたりの金額を換算し、その半分を
一人あたりのお返しの額と考えます。

列席されたゲストに内祝いが
必要なケースもあります!

一般的に結婚式の引き出物は、
ご祝儀の額を事前に想定した上で
品物を選びます。

本来は、ご祝儀のお返しは
引き出物で完結ですが、

まれに想定していたよりも
多くのご祝儀をいただくこともあります。

その場合は、あとから内祝いを贈って、
いただいたご祝儀に見合った
お返しをするようにしましょう。

今後のつながりを大切にお祝いごとを通じて
そこからスタートするお付き合いがあり
深まる繋がりがあります!

大切な方々から頂いたお祝いの気持ちを
しっかりと心にとめ、感謝の気持ちを
丁寧にお返ししましょう。

それぞれのお祝いごとを1つずつ繋ぐ事で
今後の関係を豊かにしていく事を
忘れないでくださいね!

その3
発送・お礼状を送る

お礼状を送る際は、リストと照らし合わせ
間違いのない発送を心がけていきます!

お礼状は品物に添えるか、
別途郵送するようにしましょう。

その4
結婚内祝い完了

結婚内祝いは、結婚式後
1ヶ月以内に贈るようにしましょう。

万が一遅れた場合は、
お礼状にお詫びを添えるなど
自分なりの工夫をしましょう。

日本のお祝い返し文化

人それぞれの人生の節目や季節のご挨拶など、
様々なお祝い返しのシーンを改めて把握し、

あなたにとって大切な方への感謝の気持ちや
あなたの想いが伝わるギフトを贈りましょう。

ここからは余談ですが
定年・退職祝いへのお返し

職場に在職時の感謝の気持ちをこめて
お礼状を添え、相手方が喜ぶお返しをすることで
印象もよくすることができます。

お返しを贈るタイミングとしては
定年・退職祝いをもらってから

1週間以内にお礼状を添えて
贈るのがベストだと知っておいてください!

成人祝いへのお返し

成人を迎え、初めてのお祝いをいただいた際、大人のマナーとして
お祝いのお返しを感謝の気持ちをこめて伝えましょう。
成人式を終えた後、またはお祝いをいただいて2~3週間以内に
贈るのが基本です。

遅くなっても1ヶ月を超えないようにしましょう。
最近ではタオル・お菓子・食品などの実用品が人気です。

新築祝いへのお返し

新築の内祝いは、新居へのご招待が一般的です。
転居後は、1~2ヶ月以内に新居をお披露目する機会を設けます。
お祝いをいただいたのにお招きできなっかた方や、
高額なお祝いをいただいた方には品物を贈るなど、工夫をしましょう。

快気祝いへのお返し

病気やケガをしたときにお見舞いをしていただいた場合、
「病気があとに残らないように」という気持ちをこめて、
あとに残らないお礼の品を選ぶのが一般的です。

食べてなくなる食品や、「病を水に流す」イメージのある洗剤や石けん、
タオルなどもよいでしょう。

出産祝いへのお返し

お宮参りが終わり、出産後30日くらいを目安に贈りましょう。
出産祝いのお返しとして、赤ちゃんの名前をお披露目すると言う
意味合いが強いので、のしには赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。

漢字にふりがなをふる場合も多いです
また、生まれてきた赤ちゃんの写真などを
同封して送るのもよいでしょう。

その他の贈りもの文化

お中元

中国の、7月15日(中元)に先祖にお供え物をするという風習と、
仏教の「盂蘭盆会」が結びついたことがきっかけで始まった習慣です。
首都圏では6月下旬から7月中旬頃まで、他の地域では

7月上旬から8月中旬頃までに贈ることが多いです。
立秋を過ぎたら、「残暑お伺い「残暑御見舞い」として贈りましょう。

お歳暮

年の変わり目に先祖の霊をお迎えして祭る「お霊祭」の
名残とされています。お正月の準備を始める12月13日の「事始め」から
贈るのが習わしですが、最近は11月下旬から贈る方も増えています。

年を越した場合は、「お年賀」または
「寒中見舞い」として贈りましょう。