今日は入籍する意味について
書いていこうと思います。

結婚をきっかけに
いろいろ関係することを
たまに調べたりしてますが、

入籍って本来は結婚とは
全く別物だって初めて知りました!

たぶん知らない人の方が
多いと思います。

まあ知らなくても困らないし、
一般的には同じ意味として
受け入れられてるので
そんなに気にしなくてもいいけどね。

雑学として覚えておけばいいね。

・入籍すると結婚するは違う意味?

有名人でも一般人でもそうですが
よく結婚報告として入籍しました!
という人が多いですよね。

入籍する=結婚するって
意味で言ってると思います。

でも私も知らなかったですが、
実は入籍と結婚って
意味がぜんぜん違うんだって!

知った時はちょっとした衝撃でした(笑)

本来の入籍の意味って
誰かの戸籍に入ることなんです。

そう言われてみれば
漢字はもろそうなってますよね。

自分の子どもが生まれたとき、

再婚したときに
筆頭者の男性の戸籍に入れる、

離婚したあとどちらかの親へ
氏を変更するときなどを
入籍するってことになるそうです。

じゃあ結婚するって何かって言うと
婚姻届を役所に提出して受理されて
夫婦になったってことです。

これこそ一般的な認識通りなので、
ふつうに結婚しました!
っていうほうが正しいんですね。

ちなみに結婚するってことは
入籍とは逆に除籍にもなります。

結婚すると夫婦の戸籍が
新たに作られることでもあり、

いままで入っていた親の戸籍から
抜けることになるんですね。

その手続をするのに必要なのが
婚姻届ってわけね。

婚姻は結婚の法律用語です。

入籍届があるのも初めて知りましたが
それはもちろん誰かの戸籍に
入るために使う書類だよね。

てことで結婚と入籍って
まるで違うってのがわかりました。

・結婚=入籍となってる理由は?

で、ちょっと不思議なのは
なんで入籍=結婚っていう意味で
世の中に広まってるのかってこと。

個人的には勘違いかなぁって思う。
二重の意味で。

誰かが結婚しましたって情報って
たぶんほとんどはテレビですよね?

嫌でもワイドショーかなんかで
誰と誰がくっついたネタは
年中やってますよね?

知り合いや友達は数が限られるし
そのまた知り合いや友達の
結婚情報なんてまず入ってこないですし。

まあそれはいいとして、
メディア関係者自身も
入籍と結婚は同じものだと思って
テレビで流してると思うのね。

それを見た視聴者も当たり前のように
結婚=入籍と思うだろうから
二重の勘違いが生まれてるのかと。

でもこれは「全然」と同じで、
一般的にはすでに受け入れられてるから
OKで良いんじゃない?
ていう風潮もあるっぽいよね。

まあ私はそれでいいと思うけど(笑)