結婚式場を予約するには
申込金を払っておく必要があります。

申込金とは前金のようなもので
本契約するのに必要な
ブライダル業界の常識みたいな
もののひとつだと思います。

前金だからそんなに高くないけど
気をつけるポイントがあるから
一応覚えておいてね。

・結婚式場の予約に必須な申込金について

結婚式場の予約は
ブライダルフェアの予約とは
意味がぜんぜん違ってきます。

ブライダルフェアは
単なる会場見学のようなものなのですが
結婚式場の予約はその会場と
契約することになります。

そこに申込金がかかってくるわけね。

申込金は会場によってバラバラだけど
大体相場は5~20万円の
間くらいだそうです。

申込金を支払って本契約となり、
場所と時間を確保できる
システムになっています。

なんでそういうシステムかというと
これも業界ならではの事情が
絡んでいると思います。

結婚式場は大規模な施設だから
維持費だけでも膨大で、
基本的に空きを作りたくない
という事情がありましたね。

だから半年前とかになると
安くしてでも埋めたいってことで
ハナユメ割とかが成立するのね。

で、申込金なしでも予約できちゃうと
リスクが出てきます。

もちろん予約した日程は
他の人は利用できないから
断る必要がありますよね。

で、あとから予約がキャンセルされると
ただ空き日程ができただけでなく、

さっき予約しようとした人も
無駄に逃すことになります。

てことで申込金システムを導入して
少しでもリスクを減らさないと
やばいんだと思う。

変ないたずらも多いですからね。

そういう意味でも申込金で
敷居を高くしないと
いけないんだと思います。

・申込金の注意点

申込金は少し高く感じるかもだけど
確実に予約できるという安心感があります。

でもその式場が気に入ったからといって
すぐに申込金は払わないほうがいいです。

なんでかっていうと
あとからなんかの理由で
キャンセルしたくなるかもだから。

例えば他の式場の方が安いなど
条件がいいことがわかったとか、
両親が反対したとかね。

意外とそういうことは多いらしいです。

で、申込金は戻ってこないことが多いのね。

式場によってルールが違うから
一部戻ってくる場合もあるけど、
全部返してくれるところは
たぶんないんじゃないかな。

それはさっき説明した
業界の事情を考えると
当然といえば当然って感じだよね。

だから確実にこの結婚式場で
式を挙げると決まらないうちは
申込金は払わないほうがいいです。

ちなみにちゃんと式を挙げれば
申込金は費用から差し引かれるので
損はしません^^