京都祝言は伝統的な結婚式を
挙げることができる人気会場です。

場所は京都東山にあり
目の前に五重塔である八坂の塔が
見えるという贅沢さ。

東山には他にも結婚式場があるけど
たぶん八坂の塔から一番近いのは
京都祝言じゃないかと思う。

日本古来の挙式ができたりと
個性溢れる式場になってます。

アクセスもいいので
気になったらブライダルフェアに
参加したほうがいいですね^^

・式場の場所がすごい

京都祝言のいいところは
圧倒的ともいえるロケーション!

八坂の塔や清水寺といった
世界遺産、国宝級の神社仏閣が並ぶ
最も京都らしい景色
と言われる場所の中にあります。

かつて文豪の川端康成が
利用したという旧三井邸を
リノベーションした
レストランがあったりと、
とても歴史を感じる式場です。

人気があるのは当たり前と言えますね!

特に印象深かったのは
チャペルから見える八坂の塔です。

祭壇正面の高い窓から
塔が目の前に望めるという挙式場は
おそらくここだけでしょうね。

チャペルの名前の
GOENというのもまた素敵です。

内装は西洋式ですが
木がふんだんに使われていて
どこか和風の様相でもあります。

バージンロードの上が
アーチ型の天井になったタイプで
サイドの仕切りなど
曲線を描く構造が随所に見られます。

最大で108名まで座れるので
見た目以上に広いチャペルだと思う。

挙式スタイルは3種類。

おなじみのキリスト教式や
人前式の他に祝言式ってのがあります。

日本古来から受け継がれる
結婚式のスタイルで、
かつて自宅で行っていたという
しきたりだったそうです。

式場の名前にもなってるくらいなので
これこそがメインの挙式といえます。

こんな挙式スタイルは初めてみました。

さすが歴史ある京都って感じですね。

・バンケットとシェフについて

披露宴会場は2種類。

JUGA(ユーガ)は大きい会場で
最大で110名まで座れます。

全体が木造建築ということで
木の温もりをすごく感じます。

それと同時に木の重厚感も感じる
ありそうでない雰囲気の会場です。

天井は三角形になっていて
どこかの別荘みたいですね。

もうひとつはMUGENといって
最大で60名まで座れる
小規模クラスの会場です。

和と洋が融合した
和モダンなアットホーム空間で
オープンキッチンがあるのも特徴。

床は絨毯のようなデザインで
窓は格子になっていて
西洋と日本の文化が
溶け込んだ感じがしますね。

料理は東山フレンチという
この地独特のコンセプトで、

シェフは京都のフランス懐石の老舗の
当主の方が担当しています。

何もかも贅沢な式場で
びっくりですね!