調べててまたちょっとびっくりしたことが
あったのでシェアしたいと思います!

婚姻届の提出先についてなんですけど
これもかなり意外な決まり?が
あったんです~。

忘れ物をしたら面倒だけど
一生の思い出になりそうな
こともできるから覚えておいて
損はないと思います^^

・婚姻届の提出先はなんと・・・

結婚するってことは
婚姻届を役所に提出することをいいます。

子供の頃は結婚式を挙げることが
結婚することになるんだと思ってたけど
現実は厳しいっていうかお堅いですね(笑)

で、まじで最近まで知らなかったんだけど
婚姻届の提出先ってどこかご存知?

さっき役所って言ったばかりじゃん!
って突っ込まれそうですけど(笑)、
じゃあ具体的にどこの役所でしょう?

ルール上は、夫婦どちらかの本籍地、
または新しい本籍地になる場所、
もしくは所在地ってことになってます。

本籍地は籍を置いている地域のことで
なんとなくわかりますよね?

じゃあ所在地って何ってことになるけど
ここがポイントです!

所在地はふつうの意味だと
いま住んでいるところになりますけど、

実は一時的な所在地という
意味も含んでいるんだそうです。

つまり・・・
どこでもいいってことになります!

これかなり意外じゃないですか?

どこでもいいならルールも何も
あったもんじゃないし(笑)

今住んでるところじゃないとダメって
言うのなら本籍地のみとか
在住地に限定とかって
決まってるはずですよね。

でもそうじゃないのがおもしろいところ(笑)

だから極端な話、
旅行先の役所でもいいし、
全く縁もゆかりもない
たまたま通りかかった市役所とかでも
提出していいんです。

てことで思い出づくりに
新婚旅行先で提出する人も
地味にけっこういるかもしれないね!

・婚姻届を提出する際の注意点

遠方で提出する場合、
注意してほしいのは忘れ物や不備。

事前に記入した婚姻届、
戸籍謄本、印鑑、本人確認書類を
用意しておきましょう。

戸籍謄本はふつうはいらないんだけど
本籍地以外で提出する場合は
必要になっちゃいます。

印鑑は何かを訂正するときなどに
使うこともあるから
こういうお堅い手続きをするときは
必須だと思ったほうがいいかも。

あと注意点というかおすすめ情報として
自治体によってサービスに違いがあるのも
また一興なんですね!

例えばデザインが凝った婚姻届があったり
提出したらプレゼントをくれる
自治体もあるんですよ。

ちなみに東京の立川市だと
特別な婚姻届の控えをもらえるので
全国的に人気になってるとか。

立川市プレミアム婚姻届っていう
いかにも欲しくなるネーミングです(笑)