北山迎賓館は京都駅から
ほど近いところにある
真っ白なゲストハウスタイプの
結婚式場です。

北山通りにある迎賓館で
重厚なアイアンゲートがあり
京都とは思えない雰囲気を
味わうことができます。

アクセスがいいのも特徴で
京都駅から歩いて1分はすごい!

おそらく京都の結婚式場の中では
一番良いんじゃないかな?

チャペルもリニューアルしたことだし
今後も一定の人気があると思う。

・ヨーロピアンテイストな空間

京都といったら和風か、
和と洋が混ざった感じの
会場が多いですが、
北山迎賓館は洋風そのもの。

他の地域では当たり前ですが
京都ではどちらかというと
珍しいかもしれないですね。

まず目を引くのは
巨大な凱旋門です。

異国情緒溢れる外観ですね。

この式場は全体的に
ホワイト基調なのが特徴で、

凱旋門をはじめチャペル、
バンケット、ガーデン、
付帯施設まで全部白がベース。

それにダークブラウンや
緑の装飾が少し合わさる感じの
ヨーロピアンテイストです。

まずは新しく生まれ変わった
チャペルから見ていきます。

2019年の夏に
リニューアルオープンしたチャペル。

座席と装花、外の景色、
シャンデリア以外はほぼ白い内装。

サイドにも窓があるので
開放感を感じます。

祭壇は特別感があるデザインで
木目調の窓枠に天井まで
ガラス張りになってます。

バージンロードは大理石で
100名まで入れる豪華さです。

それでいてペットもOKなのは
嬉しいポイントですね^^

・上質なバンケット

バンケットは1つだけですが
だからこそ会場全体を
完全に貸し切れるのが特徴です。

他の家族と会うことなく
プライベートな時間を過ごせます^^

バンケットは全体が白で統一され
カーテンやピアノまで白いです。

ブラウンの椅子と窓枠と
シャンデリア以外はほぼ白なので
そのまんまだとシンプルすぎるくらい。

ある意味ではキャンパスのようなもので
コーディネートするのが
前提みたいな会場ですね。

最大で120名まで入れて、
コンサバトリーがあるのが
大きな特徴です。

コンサバトリーは
屋内ガーデンのようなスペースで
天候を気にせず
デザートビュッフェとかを
楽しめちゃいます。

もちろんガーデンもあります。

四方を白い壁と柱に囲まれ、
真ん中に大きなプールがある
いかにもヨーロピアンな感じ。

こういうガーデンの場合は
夜がよく似合います。

キャンドルやイルミネーションが
幻想的な雰囲気になり、
ちょっと贅沢なパーティーを
開いてる気分になれます。

ここでバルーンリリースとか
全員集合写真を撮れたりするので
意外と広そうです。