北山ル・アンジェ教会は
口コミで評判が良い式場のひとつです。

2015年度のみんなのウェディング
ランキングにおいて総合1位を
取ったことがある実績があります!

たぶん京都では珍しい
本格的な教会が受けたんだと思います。

系列レストランもあるってことで
料理にも力を入れてます。

あと駅近なのもいいですね。

京都駅から乗換なしで行けて
最寄り駅の目の前にあるってことで
さすが高評価な会場って感じです。

・珍しい本格的な挙式

この式場が他と違うのは挙式。

本格的と言ってるくらいなので
写真だけでも荘厳な雰囲気が
ひしひしと伝わってきます。

特に個性的なのは
牧師からのメッセージ。

結婚式の準備段階で
牧師とのカウンセリングがあり、

そこで二人の馴れ初めや
夢などを伝えておきます。

それを元に牧師から
世界に一つだけのメッセージが
式当日に伝えられます。

この教会は流行に左右されず
伝統を貫く姿勢がまた立派で
素敵だなぁと思います。

教会はクラシカルな建築スタイルで
おそらく白基調だと思うけど
キャンドルの光がとても似合う
どこか懐かしい印象です。

圧巻なのは入り口の扉で
高さ5メートルもあります!

こういう本格的な会場は
扉が大きいイメージがありますが
まさにイメージ通り!

ありそうでなかなかない
特徴のチャペルだと思います。

・多彩な披露宴会場たち

バンケットは4つの中から
選ぶスタイルです。

お料理はどこでも共通で
京風フランス料理です。

一番大きな会場は北山倶楽部。

迎賓館風の空間はとても優雅で
ホワイトとブラウン基調になってます。

最大で92名まで対応とのこと。

次に大きいのは
ザ・トリニティハウス。

白基調の豪華な雰囲気の会場で
テーブルにお皿が並べられた光景は
晩餐会のようです。

ちなみにトリニティとは
三位一体という意味で
スタッフ、料理、おもてなしの
こだわりが込められてるそうです。

1階が高い吹き抜けのエントランスと
ウェイティングルームで、
2階がメイン会場になってます。

あと変わってるのは
地下1階にもシックな空間が
用意されてること。

レストラン・ヴィトラは
ヨーロッパの邸宅のような造りで
一面ガラス張りの大きな窓が特徴的。

そこから教会が一望できるのが魅力。

あと教会からレストランに続く
長い回廊もまた素敵。

柱とアーチの壁が連続する
映画でしか見かけないような
光景が広がります。

普段行くレストランとは
全然違います!

ラ・ピネータは
現代風のシックな造りの
少人数向けの会場です。

長テーブルがある場所以外にも
フリースペースにソファがあり
ゆったりくつろげるのがいいところ。

ちょっと豪華なリビングルーム
って感じなので一番アットホームな
会場だと思います。