結婚式にかかる費用は
だいたいこのくらいというのは
ありますが規模によってバラバラなので
一概にはいえません。

おおよそ人数によって
大きく変動することから
それを基準に考えればいいと思います。

車とかバッグなどの
ブランド物とちがって、
この会場の場合だと
格段に高くなるということは
ほとんどありません。

・結婚式の費用は大体こんな感じ

結婚式の費用は誰もが想像するように
とても高い特徴があります。

家や車の購入を除くと
人生の中で間違いなく
トップクラスで贅沢な行事です。

では実際にどのくらいの費用が
かかるものなのでしょうか。

いろいろな会社が
アンケートを取っていますが
だいたいみな同じような感じです。

多いのは200万円台の前半、
その次は300万円台前半、

あとは200万円以下が続く
といった感じです。

大体予想通りの費用だったと思います。

なんでそんなに高くなるのか
気になる方もおられると思うので
内訳をみていきましょう。

挙式会場の使用料、ドレスのレンタル料、
披露宴の開催が主な部分です。

挙式会場はチャペルか神社で
通常はどちらか一方ですが
両方行うこともできます。

挙式のみだった場合は
大体20~40万円ほどなので
実は結婚式そのものは
そんなに高くないんですね。

一番高くつくのは披露宴です。

今の時代は費用を抑えることが
重要視されていますが、
挙式と披露宴はまだまだ
セットになってるものです。

披露宴では料理や飲み物、
テーブルや椅子などの装飾品、
引き出物、舞台演出、
会場使用料などがあります。

引き出物は全員にもれなく
さしあげる必要があるので
それだけでもすごい費用です。

お料理やカメラマン、
司会者などの人件費も
かなり高くつくでしょう。

その他には衣装のレンタル代だけでなく
着付けをしてくれる人や
メイク係の方、リハーサルなどなど
非常に多くの項目があります。

総額にすると100万単位は
当たり前だということが
おわかりいただけたとおもいます。

・新郎新婦の負担額はごく一部!?

ミソとなる部分は、
上記で示した結婚式の費用が
まるまるかかわるわけじゃないこと。

ゲストの方からご祝儀がもらえますし
ここの式場やブライダルサイトの
キャンペーンなどを差し引くと、
自己負担額は思ったより少なくなります。

それを専門用語で
持ち出し費用って言いますけど、
一番多いのはなんと50万円未満!

それと同じくらいで
50~100万円の間で、
次に100~150万円の間。

最近は格安婚が増えてきたせいか
持ち出し費用自体がない場合も。

150万円以上かかっちゃうのは
稀なケースになってるようです。

てことでぶっちゃけちゃうと、
結婚式の費用って
ほとんどゲストの方に
払ってもらってるようなものなのね。

改めて感謝感謝です!