花ゆめギフトカードについて
ちょっと調べてみたので
どんなものか書いておきますね。

よく商品券って言われるけど
いまは最終的に電子マネーカードに
入金する形になります。

昔はJCBギフト券だったそうですが
いまはなんでもデジタル方式に
なってるようです。

・アナログからデジタルへ

ハナユメを商品券目当てで
利用しようと思った人は多いハズ。

それは他のウエディングサイトも
やってることだから
特にめずらしいことじゃないけど、

ハナユメの場合は他よりも
少し高い傾向がありますね。

時期やキャンペーンによって
金額は多少上下しますけど、
基本的にハナユメは高いです。

他のサイトが3万だとしたら
4万~5万って感じかな。

そのくらいの商品券があれば
けっこう贅沢できますよね!

まあすぐなくなっちゃうと思うけど
そんな金額のギフト券は
そうそうもらえませんから
嬉しいのは間違いない^^

で、最近はさらに便利になっていて
ギフトカード形式になってます。

商品券といえば図書券みたいに
紙製のものが主流で、
いまでも存在はしてます。

けど電子マネーが台頭してきて
だんだん見なくなってきました。

今だったら誰もが何か1つは
電子マネーカードを
持ってるんじゃないかな?

それに入金する形式に
いまはなってるんだよね。

もし電子マネーカードがなかったら
作る必要があるんだけど
どれも作るのは無料だと思うから
損することはないはず。

・EJOICAについて

花ゆめでもらえるギフト券は正確には
EJOICAセレクトギフトっていいます。

イージョイカと読みます。

NTTが作ったものだそうで
提携しているサービスの中から
入金するカードを選べるから
使い勝手がより向上したのね。

たとえば普段からnanacoカードを
使っているのなら
それに入金してもらえば
メリットは大きいよね。

いろいろ式場見学とかして
ハナユメに申し込むと
EJOICAのIDがもらえるはず。

もらったらEJOICAの
登録サイトにアクセスして、

IDを入力すると
提携先カード一覧画面出てくるから
好きなカードを選びます。

それだけで入金が完了するから
思ったより簡単にできると思う。

ちなみに提携先カードは以下の通り。

nanaco(セブンイレブン)

WAON(イオン)

楽天Edy(楽天)

出光キャッシュプリカ(出光クレジット)

カエトクカード(カエトクサービス)

HMV Gift Card(ローソン)

Amazonギフト券(アマゾン)

モバイルSuica(東日本旅客鉄道)

Vプリカ発行コード(ライフカード)

NET CASH(NTTカードソリューション)

App Store & iTunesコード(アップルジャパン)

リンベルイー・ギフト(リンベル)

Google Playギフトコード(グーグル)