ベイサイド迎賓館という結婚式場は
全国各地に展開している人気会場。

どこの会場も人気上位にある
傾向がありますが、
神戸三ノ宮も例外にもれず。

白亜の邸宅にプール付きの
ガーデンが特徴的で
三ノ宮駅から歩いていける
距離にあるのも魅力です。

・外観、内観ほぼ全てが真っ白!

ベイサイド迎賓館で
まず際立つ特徴といえば外観。

凱旋門を思わせる巨大な門に
アイアンゲートという風貌は
まさに異国への入り口。

建物は全体的に真っ白なのも特徴で
なんだかすごく精錬された
気分にさせられます。

特にチャペルはすごいです。

座席と装飾、人々の衣装以外は
真っ白な空間でとても厳かな雰囲気。

大理石製のバージンロードが
最も似合うチャペルのひとつです。

天井はアーチ状になっていて
円筒のような形をしています。

写真で見るとそうでもないけど
天井高は10メートル以上あるそうで
実は迫力や開放感もすごいと思う。

もちろんコーディネートもできます。

あと100人まで入れるので
規模的にもちょうどいいと思います。

そしてガーデンはリニューアルして
さらに素敵になったようです。

プール付きガーデンなのですが
長方形ではなく三角形の形を
しているのが特徴。

プール付きの庭があるのは
けっこう定番ですが、
三ノ宮の中では珍しいそうで、
それがウケてる理由の
ひとつかもしれないですね。

ハナユメによると、
三ノ宮では唯一らしいです。

他にもソファ、シンボルツリー、
フォトブースがあったり、

イルミネーションや
バルーンリリース、
花火などの演出もできます。

そうそう、ガーデンは
周りが屋根に囲まれてるから
全天候型でもあります。

てことで雨だったとしても
風情を感じれるかも?

・バンケットとお料理について

バンケットは122名まで入れる
ガーデンに隣接する素敵な空間。

こちらもガーデンと同じく
リニューアルしたそうなので
順調に運営できてるのがわかる気がする。

つまり人気があることの
ひとつの目安だと思いますね。

で、内装はもちろん白基調で
窓がより大きくなったことで
開放感もアップしたそうです。

天井高は6メートルもあり、
キッチンにも面しています。

キッチンといえばお料理ですが
このグループの特徴は
特別なフレンチを開発してることかな。

全国の数百人のスタッフが
結婚式のためだけに
4ヶ月以上かけて作り上げた
特別なフランス料理です。

どこの式場もお料理は
美味しいと思いますが、
そういう背景を知ると
より美味しく思えてきますね!

もちろん日本人の口に合うように
作られています。