あしびの郷は奈良の中で
最も歴史を感じると言われる
ならまちの中心部に佇む結婚式場。

会場は全体的に現代風の造りですが
緑のトンネルを抜けた先に
会場があるという奈良らしい
自然あふれる特徴もあります。

1日1組限定の完全貸切ですので
思う存分非日常を堪能できます!

・和風のチャペルが印象的

奈良は個性的な会場が多いですが
あしびの郷もそのうちのひとつ。

結婚式は西洋の文化が
色濃く反映される儀式となってるので
会場も挙式もキリスト教形式が多いです。

あしびの郷もキリスト教スタイルで
挙式するのが通常ですが
チャペルの雰囲気はほぼ和式。

天井や壁が木で覆われ、
祭壇奥の窓は木の格子があり
和装もよく似合う空間です。

奥に進むほど天井が高くなり
花嫁が一番美しく見えるよう
設計されてるそうです。

その繊細さもまた
日本らしい特徴に思えます^^

まさに和風チャペルです。

西洋の厳かさとは違い、
温もりを感じるのが
日本らしさだと思います。

ちなみに人前式や、
会場外の神社や教会で挙式後に
披露宴だけすることもできます。

ペットも参加可能ですが
チャペル内だけだそうなので
覚えておきましょう。

あと挙式アレンジも
けっこう出来るそうなので
モデル写真はけっこう
参考になりそうですよ^^

・披露宴会場が広くて楽でイイ!

バンケットは広い会場が1つ。

三角形が盛り上がったような
個性的なデザインの木製の天井が
特徴的な空間。

ブラウン基調ってことで
チャペルと同じく落ち着く系の
空間だと思います。

窓は壁一面になっていて
開放感がすごいです!

夜は天井のペンダントライトが
窓の外まで並んでいるように見えて
より広大に感じます。

あとこの会場は
そのまま2次会でも使えるのもウリ。

移動する必要がないので
とっても楽なのが良いですね♪

着席200名の規模の会場は
奈良県では非常に珍しく
さらにそんな広い会場を
二次会でも使えるなんて!

たぶんこんな贅沢は
奈良県では唯一じゃないかな?

1.5次会にも対応してくれるそうで
サービスも行き届いてていいですね。

で、料理がとても評判がいいみたい。

お箸でいただく和洋折衷料理で
見た目も非常に美しいです!

これは食べ物なの?
と思ってしまうほど
素晴らしい料理もあります。

やっぱり日本人には
日本人らしいのが一番ですね!

もちろんウェディングケーキや
デザートブッフェといった
定番の婚礼料理もあります。

末永くお付き合いできることを
願ってのうどんがあるのも
面白いですね!