アーフェリーク迎賓館は
2つの会場に完全に分かれてる
特徴がある結婚式場です。

外観からチャペル、バンケット、
ガーデン、ロビーなど
全部が1セットになってる感じで、
気に入ったほうを選ぶスタイルです。

アーフェリーク迎賓館は
他の都市にも展開してるけど
たぶんみんな同じスタイルだと思う。

大手だと素敵な式場が
各地にあるから、
わざわざ遠くまで行かなくても
体験できるのがメリットですね。

・ホワイトハウスの特徴

ホワイトハウスは名前そのまんま
って感じでほんと白い邸宅です。

館内のほとんどが白で統一されてて
巨大な凱旋門の入り口が大きな特徴。

鉄格子の扉がまた雰囲気が出てます。

チャペルはまばゆいほどの空間で
もちろん内装は純白。

祭壇の上に豪華なシャンデリアがあり
特に白く輝いてるように見えます。

これほど眩しく感じるチャペルは
なかなかないですね。

これでもかってくらい白いです(笑)

100人まで入れるので
規模もなかなかすごいです。

もちろんバンケットも白基調で
豪華さがあるのも同じ。

モデル写真だとピンクの
アレンジを施してるから
少し可愛らしくふんわりした
印象になってます。

あとシンデレラ階段があって
天井が6メートルもあり、

130人まで入れるから
開放感も素晴らしいと思います。

ガーデンはプール付きの
広々とした空間。

横に広いので
建物全体を見渡せる感じで
夜のイルミネーションは
特に素敵ですね^^

・ヴィクトリアハウスの特徴

ヴィクトリアハウスは
ギリシャの神殿を彷彿とさせる
外観のチャペルが最大の特徴。

大階段の途中まで
屋根がついているので
雨でもフラワーシャワーが
できるのが強みです。

チャペルの内装は
見た目に反して落ち着いた感じ。

ドーム型の天井とバージンロードが白く、
壁と長椅子がダークブラウンという
シックな感じの造りです。

写真だとそんなに大きく見えないけど
100人まで入れるので
ホワイトハウスと一緒ですね。

バンケットは白基調で
130人まで入れる規模ってことで
それもホワイトハウスとほぼ同じ。

違いはシンデレラ階段が
ないってことかな。

その代わりかわかんないけど、
チャペルに大階段があるって
ことかもしれません。

挙式で階段を降りるか、
披露宴で降りるかを
選ぶ形にもなってますね。

ガーデンは建物と緑に
囲まれてる感じで
こっちもプールサイドの
イルミネーションが
メインディッシュって感じかな。

どちらの会場もそれぞれ個性があり
素敵なので迷っちゃいますね!

最大のポイントは大階段だと思う。

挙式後の演出をどうするかが
大きな分かれ道になるかと。