アニヴェルセル東京ベイは
都内にいながらリゾート気分が
味わえるすごい会場です。

敷地面積が広く
チャペルの規模も大きいので
広々とした空間が好きなら
うってつけの式場です。

東京にこんなところがあったんだ!
と思う人が多いかも^^

・大理石のバージンロードが魅力

まずはチャペルの紹介から。

ここの特徴はなんといっても
大理石の長いバージンロード。

長さは20メートルもあります。

都内屈指の長さかなと思います。

天井の高さは10メートルあり、
祭壇にはステンドグラス、
パイプオルガンが用意され、

140名も着席できるので
かなり規模が大きいチャペルです。

ちなみにステンドグラスは
イタリアの職人が作ったオリジナル。

挙式のあとはカリヨンの鐘が響く中、
ゲストが並んだ大階段を
歓声とフラワーシャワーを浴びながら
盛大に祝福してくれます!

・圧倒的なスケールのウェディングヴィレッジ

そしてこの式場の場合、
チャペルよりも目を引くのが
ウェディングヴィレッジ。

大聖堂を中心に
ヨーロッパの街並みのような
広場が造られてます!

大階段の下に噴水広場があり、
そこを中心に放射状に
道が続いている感じは
どことなくパリみたいですね。

もちろん単なる張りぼてではなく
ちゃんとした建物で、

ドレスショップや
レストランまであるので
もちろんこの会場内だけで
全部賄うことができます。

披露宴会場は3つあります。

フランス館は純白の宮殿を思わせる
大階段が印象的な会場です。

スポットライトを浴びながら
サプライズ入場する演出も
しやすいのが特徴です。

イタリア館はリゾート邸宅という雰囲気で
大きな窓からガーデンが見える
開放感があるのが特徴です。

3つの会場の中では一番広く、
リゾート婚に憧れてるのなら
ここがぴったりかと!

庭だけで100名がゆったり
過ごせるくらい広大です。

イギリス館はレンガ造りの邸宅で
古き良きアンティーク感がいいですね。

アットホームなパーティに向いてます。

付帯設備もいろいろあります。

ガーデンスクリーン、
フォトブース、
バーカウンター、

ピロティ(屋根付き空間)、

ガゼボ(フランス館にある
新郎新婦だけの特別な空間)、

ドレスサロン、
花嫁控室、
ロビー、
クリーク、
ヘアメイクサロン、
カフェ、
ゲスト用更衣室、
着付け室、
親族控え室、
ベビーケアと
ほとんどなんでもあります。

あと両家の両親が挨拶する
専用ルームである親族紹介室まで
用意されています。

敷地面積が4000坪もあるから
さすがに都心とはいかないけど
100台まで無料の駐車場があるのは
他にはない強みだと思います。