アモーレヴォレサンマルコは
海沿いにあるヨーロッパの街のような
結婚式場です。

4200坪もの敷地面積があって
3つの邸宅に巨大な大聖堂と
スケールも半端ないです!

人気が出るのも納得です^^

・大聖堂の格式の高さ

この式場でまず注目なのは
ロケーションと外観です。

海の直ぐ側に
ヨーロッパの街並みが
出現したかのような佇まい。

中央にはサンマルコ大聖堂という
巨大なチャペルがあり、
遠目にみるとほんとイタリアの
街みたいです。

敷地面積が広いから
邸宅というより
観光地って言えるくらいの
規模に思えちゃいます。

では気になる建物を
チャペルから見ていきます。

サンマルコ大聖堂は
見るからにお城みたいな巨大さで、
何もかも素敵に見えます。

柱がいくつも立ち並び
祭壇の上には巨大なステンドグラス。

そんじょそこらのチャペルとは
一線を画す荘厳さを感じます。

イタリアのヴェネツィアにある
サンマルコ寺院から
日本で唯一祝福を受けたそうで、

言い方を変えると
姉妹提携をした唯一の大聖堂だとか。

サンマルコ寺院は世界遺産になってる
有名な大聖堂です。

ほんとレベルが違いますね!

この大聖堂のブランドに惹かれて
この式場にすると決めたカップルは
けっこういそうな気がする。

・披露宴会場の豪華さ

続いてバンケット。

というよりゲストハウスですね!

バンケットを含めた会場が
ひとかたまりになった施設が
3つもあります!

それが一列に並んでるんですから
よほど広いのがわかりますね。

ひとつひとつ詳細に書いてたら
長くなっちゃうので
代表的な会場のバンケットを
紹介したいと思います。

ファリエーロは中性ヴェネツィアの
ドージェという権力者の
迎賓館をイメージした会場で、
3つの中で一番広いです。

最大で200名まで座れるそうです。

いかにもヨーロッパの
お偉いさんがいそうないそうな雰囲気で
全体的にブラウン基調になってます。

豪華さとクラシカルが織りなす
とても気品ある空間ですね。

普段と世界が違いすぎるので
落ち着くような落ち着くような
感じになるかも?

レッツォーニコは
ローマ法王を輩出したこともある
格式高い名家の邸宅を
イメージしたそうです。

内装はベージュっぽい色合いで
天井と壁の境目の部分が
少しカーブした独特な造り。

宝石箱の中にいるみたいです。

調度品にいたるまで
何もかも豪華に彩られ、
ダンス会場みたいにも見えます。

130名まで入れるそうだから
ほんとになんかの舞踏会くらいは
開けそうな規模です。

フランケッティは
イタリアのオペラ作曲家の名前で
その邸宅をモチーフしたそうです。

白基調の可愛らしさを感じる内装です。

この会場も130名まで入れます。

ほんとどこの会場も広くて
異世界感たっぷり!

洋風スタイルが好きな人には
もってこいの会場だと思います。