アラモードパレザリゾートは
広大な敷地が特徴の結婚式場です。

結婚式のためにひとつの街を
作っちゃったっていう
とてもスケールが大きい会場です!

チャペルが3つ、
ガーデン付き邸宅が2つもあります。

神戸はほんとスケールが大きい
結婚式場が多いですね!

・3つの挙式会場

まずはチャペルからご紹介。

アスピラシオン教会は
天井がアーチ状になった
白亜の素敵なチャペル。

最大で90名まで座れる
独立型の大聖堂です。

座席が黒く、
細長く見えることから
豪華な列車の中にも見えます。

ちなみに天井高は
7メートルもあるそうです。

挙式後は大階段で祝福される
アフターセレモニーが素敵です^^

チャペル・ラヴェイユは
新しくできた大聖堂で
座席や柱、梁、裁断の壁などが
木で設えています。

その他は白、ベージュ、
緑で彩られたナチュラル感が
素敵な会場ですね。

ちなみにチャペル名は
みつばちという意味があるそうで
なんとも可愛らしいですね^^

でもバージンロードは大理石で
110名まで座れるってことで
地味に豪華な部分も。

チャペル・ルミエルは
ガーデンチャペルになります。

屋外なのでより開放感が抜群で
より自然を感じれますね。

・各邸宅の紹介

アラモードパレザリゾートは
ふたつの邸宅があり、
もちろんそれぞれに
必要な設備が揃ってます。

代表的なバンケットを中心に
ご紹介していきますね!

ザ・リゾートは
その名の通り海外のリゾート地に佇む
別荘のような雰囲気で、
バンケットもガーデンも開放感があります。

バンケットは2階吹き抜けで
120名も座れる広さ!

全体が白基調で、
レンガの柱がお洒落ポイント。

ガーデンはプール付きで
2階のテラスからも
様子が見れるようになってるっぽい。

ホワイエはブラウン基調で
お洒落な本屋みたいです。

メゾン・グラースは
中世貴族が使っていたような
白亜の邸宅です。

ほとんど真っ白なので
とても清楚な雰囲気です。

ピンクの花が一番似合うタイプですね!

ガーデンもバンケットと同じく
ヨーロッパの邸宅の庭
という雰囲気があります。

木々は綺麗に整えられていて
芝生は短くキチッとしてます。

小道の先には石像や
アイアンゲートがあったり
まさに非日常空間です。

披露宴会場は100名まで入れるので
規模としても十分かと思います。

全体の外観はほんと街のようです。

アスピラシオン教会を
正面から見た写真が
とても印象的ですが、

近くには川が流れ、
街路樹が規則正しく植えられ、

道を進むと住宅地が
広がっているかのように見えます。

広い会場ならではの贅沢です^^