アカガネリゾート京都東山は
広大な敷地に歴史ある建物という
特別感たっぷりな結婚式場です。

京都人も知らない人が
多いであろうこの会場は、
大正14年に建てられた邸宅で、

元は銅メーカーの三谷伸銅の
オーナーが建てたもの。

外観は純和風の建物で
竹林に囲まれた
日本古来の美しさがあります。

近くには八坂の塔が見えるという
絶好のロケーションです!

・挙式場の魅力

かつてはアカガネ邸と
親しまれた建物を
リノベーションした形の式場で、
ほぼ和風となっています。

特に印象深かったのはチャペル。

床は大理石か何かで造られた感じで
チャペルらしく見えますが、
他はほぼ和風な見た目です。

これほど日本らしい内装の
チャペルは珍しいと思います。

照明は灯籠みたいなデザインで
座席や柱、天井などは
ほぼブラウンで統一されてます。

祭壇奥には森が広がり
とても自然な感じがします。

ウェディングドレスよりも
和服のほうが断然似合いますね!

ちなみに着席は80名までなので
神殿みたいな規模感です。

神殿といえば神前式も
提携神社でできます。

平安神宮とか上賀茂神社とか
いろいろあるそうです。

あと仏前式もできます。

つまりお寺での挙式ですね。

高台寺をはじめ
いろんな仏閣で挙式した
実績があるそうなので、
いろいろ聞いてみると
いいと思います^^

・披露宴会場と庭について

バンケットは3種類あります。

AKAGANEは天井部分の
ブロンズカラーが印象的な会場。

180°パノラマビューで
外の緑の景色を望めるのも
大きな特徴で、
この式場のメイン会場となります。

テーブルや椅子は洋風チックですが
他は和風っぽいデザインです。

高いところにある窓枠とかは
和室のイメージそのもの。

最大で74名まで座れるので
メインとしては珍しく
中規模クラスですね。

HISUIは金色のような
色合いの会場で、
扇形をしてるのが特徴です。

そのためどの席にいても
他の席の人と距離が近く
感じられるようにできてます。

どこか仰々しいデザインの
灯籠風シャンデリアも印象的で、
より日本の伝統を感じます。

着席は121名まで可能なので
人数でいえばこちらがメインに
なると思います。

貴賓室は12名まで座れる
少人数向けの会場です。

ほんと両家の会合という
感じにぴったりだと思います。

そしてガーデンですが、
特別な説明がないから
おそらく散歩や写真を取るだけの
空間かもしれません。

間違ってたらアレなので
一応式場スタッフや
ハナユメのスタッフさんに
何ができるか聞いてみてください!

で、ガーデンは原生林かつ
和風な景色が広がる素敵な場所。

たぶんみんな歩きたくなると思います。